pasumoで定期券

2枚のPASMO定期券を作ることは出来ますが、利用の際は注意が必要です。

乗換の際、連絡改札口を利用しての利用や、直通運転等で改札を通らない場合ですと、2枚のSUICA/PASUMOの利用はできません。

それぞれが改札口で反応しないように、パスケースを2つ持つか、電波を通さない素材を挟み込んだパスケースを利用する必要があります。


期限の切れたPASMO定期券を記名PASMOに変更する場合は手数料がかかりますよ。
期限の切れたPASMO定期券は、記名PASMOに変更せずともSF(チャージ)を運賃に当てることができます。

ただし、紛失または使えなくなったPASMOに鉄道定期券がある場合は、定期券の期限が切れている場合でも、その定期券を購入した鉄道事業者(鉄道会社)でしか再発行できません。
期限の切れたPASMO定期券は消去して、記名PASMOに変更することをお勧めいたします。
タグ:PASUMO 定期券
| pasumo

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。